FC2ブログ

レスキュー隊長より

昨日、ケガをしたキジについて1度ブログをアップしたのですが、野鳥のため混乱を招く恐れがあり削除いたしました。
すでに読んでしまっていた方がいましたら申し訳ありません。



以下、隊長からの言葉をお読みください。

文字制限のあるTwitterではお伝えできないことをこちらに記載していましたが、キジの画像が不適切という判断で記事自体が削除されたために、Twitter内で誤解を招いてしまったことをお詫びします。

記事をアップしてしばらくは閲覧できましたので、既に読まれた方がいると思いますが、もう少しわかりやすい文脈に一部かえさせてもらいます。  ↓

カラスに襲われたキジについては、本来野生生物の自然な生態系であり、捕食活動の邪魔をしたり、捕食者の仕留めたものを回収することやそれらに介入することはありません。

山や林などであればそのまま放置になり他の捕食者の糧になるでしょう。
通報者の方が1度保健所を呼ばれ、まだ息があったため、回収せずに放置となったそうです。
私がついた際には絶命してました。
今回は団地内でしたので、子供の目にふれることを考え回収しました。

野生生物についてご連絡いただいた場合、通常時であれば管轄の指定病院、または動物園にまずは相談、連絡をしていただくようお伝えしています。
しかし、現在、コロナの影響により通常時に協力していただく機関が機能していません。
そのため、当会への相談が多くなっているのは事実です。
今回通報された方も環境課にも連絡したそうです。
野鳥の遺体については、管轄の保健所に連絡して頂くようお願いします。

当会はカラス、猛禽、水鳥系も保護しています。
カモメやサギ類もヒヨドリを丸飲みにしますし、魚を食べる鳥もだいたいは肉食ですから鳥のヒナも食べます。
肉食である子達については、雑食性であるこたちよりも衰弱や負傷したときの生存率が雑食性とは比べものにならないほど低いのです。
そのため、12月から2月にかけて当会にはフクロウ、特に身体の小さい猛禽類が多く来ることになります。
オオコノハズクが多いのは そのためです。
寒くなり、食べる虫や両性類、爬虫類がいなくなり、身体の小さな猛禽類は捕獲する獲物が限られてしまいます。
フクロウが来る数が少ないのは、オオコノハズクの何倍もの大きさがあり、大きなネズミやヒヨドリなどのサイズも狙えるからです。
オオコノハズクが狙える獲物は冬場には本当に少ないです。
冬でなければ、虫やカエル、ヤモリも食べます。
(注) カラスやオナガは雑食性です。

飼い鳥たちと野生生物の世界には上記のような大きな違いがあります。
野鳥たちについては見守ることも大事です。
巣立ちヒナも危なっかしいかもしれませんが、親鳥はこっそり見ています。
巣立ちの初飛行をクリヤしなければ外では生きていけません。
狩猟の問題もありますがそれは次回。

あと 話しにだされたようなので、書きます。
私はアフリカに3回行きました。
広大な保護区に1日いたとしてもライオンがインパラやガゼルを追うようなシーンに出くわすことはありません。
まず動物を発見するだけで一苦労です。
実際に目撃したことは何度かありますが、テレビにでてくるような捕獲シーンをみたことはありません。
ハイエナが捕獲したものを横取りするのは見ました。
ライオンのかっこいいところなんて見たことありません。
むしろ足を負傷し、瀕死でガリガリで汚いライオンは何回か見ました。
そのように必死で暮らす肉食動物が1週間ぶりにやっと捉えた獲物を逃したり、保護するようなことはしません。

狩の成功率はそれほど低いのです。
言いたかったことが上手く伝えられた自信はないですが、読んで頂きありがとうございました。

  レスキュー隊 隊長より
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント