ヒナの食滞

ここでは文鳥の研究も兼ねて行っているので、定期的な人口孵化や人口飼育で記録をつけています。
ヒナが孵ってからの温度湿度の取り方、食事の濃度や回数、そのうから腸に食事が運ばれるまでの時間など、ざっくりな説明ですが一番神経を使う時期が生まれてから1週間までです。
人間の育児と同じで ほとんど寝れません。

この写真のヒナはうちのダイヤモンドフィンチ、ムクの息子です。
komuku.jpg

あまり自育しないため、ブリーダー泣かせの鳥ですが、よいペアでよい環境があればちゃんと育ててくれます。
(たまに放棄するので油断は禁物ですが)

親が育てなかったり、巣から落としてしまう、殺してしまう、というケースの相談
も多く、自分でなんとか育てようと試みても残念な報告が半分ぐらいです。

失敗が多いケースが・・・

●湿度が足りない
●温度が足りない
●温度が高すぎた(脱水)
●ごはんのあげすぎ(量が多すぎる、まだ消化器官が対応できない)
●ごはんの濃度が高すぎる濃すぎる(食滞の原因に)
●ごはんの間隔が短すぎる
●ごはんの間隔が長すぎる
●ごはんが熱すぎる(食滞の原因に)
●ごはんが古すぎる
●ごはんが冷たすぎる(低体温に)
●ごはんの作業に時間がかかりすぎ(体が冷えてしまう)

昔から使われているあわ玉も 古いものや神経質な鳥には食滞を起こしやすいごはんです。
また栄養が少なく、吸収消化にも時間がかかる食材のため体内に停留している時間が長いので 体重測定値に誤差が生じやすいです。


↓ ステキな鳥、ダイモンドフィンチ(うちの子たちです)
DVC00459.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント