奇形の子の日常のお世話について

この文鳥は足が逆向きについています。
DVC000501.jpg

指先もナックリングになっているため、頭をかいたり細かい動作はできません。
生後3週のヒナ兄弟4羽の引き取りでしたが全員が奇形で、親は育てることをしなかったようです。

奇形の程度にもよりますが、この2羽は同じレベルの障害の為、低いケージ゙の床で生活させています。
温度は常に26~27度(サーモスタッドにて管理)、床には新聞紙をひき、その上に犬用ペットシーツをクッション材として敷いています。
ペットシーツは毎日交換します。
(これはフィンチだけ適用です。インコ系は誤飲の可能性があるため使用しません)
DVC000481.jpg

足がナックリング(常にグーの状態)であるため、便がつきやすいため2日~3日に一度、ぬるま湯で洗います。
その際に排泄部分も汚れているようなら洗います。
排泄部付近の羽は汚れがつきにくいように予め羽をカットしている子もいます。
また爪もなるべくこまめに切ります。
伸びているとペットシーツにひっかかりやすく、便もつきやすいためです。
グーになっているため、自分の足を爪で傷つけてしまう子もいるので場合によっては削ります。
月に1回程度水浴びもさせています。
水浴びについては通常の子のように尾脂線の脂で入念な手入れができていないため、常温またはぬるま湯で水浴びをさせます。
ここでは33度の看護ケースに1センチ程度に浅く水をはり、その中で水浴びをさせています。
その後、35度程度の看護ケースに移動して乾かします。
DVC000631.jpg


※細かい説明は省いていますがこの2羽についてのケアになります。
難しいのは同じ障害の子はいませんので 一羽一羽のケアの方法を模索しながら安全に行わなくてはいけないこと。
奇形を持つ子の場合、内臓、神経系統にも疾患をかかえている場合が多く、発作がでるようなタイプは水浴びなど環境に変化を与える行動は控えた方がよいことです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント