FC2ブログ

レスキュー隊長のとある1日―瀕死のウズラ

レスキュー会に1日にどのくらいの保護依頼がくるのでしょうか。
レスキュー隊長のとある1日です。

・ケガした鳩の相談 → 対応

・警察より保護セキセイの委託 → 午後に引き取り

・コザクラを手放したい方からの引き取り依頼
引越しのため飼えない → 後日引き取り予定

・最初のうずら
発見者が持ち帰ってくれることになったので病院の紹介。
ごはんや飼育ケージはレスキュー会で貸し出し → 夜に引き取りに来てもらう

・瀕死のうずら
警察からの連絡待ち。
目が潰れて羽もむしられているそうで最優先で対応。

・捨て猫(仔猫)の相談 → 夕方対応

・メールにてツバメ・スズメ・ヒヨドリの相談 → 随時 対応中

1日でこれだけの相談、依頼が来ます。
野鳥の怪我などはともかく、うずらは野生ではいませんので明らかに捨てられた子です。

これらは、ほぼレスキュー隊長1人で全て対応しています。
看護・強制給餌が必要な子もすでに何羽もおり、体がいくつあっても足りません。

以前からたびたびお願いしておりますが、レスキュー会へのお問合せは緊急の事案でない限りHPのお問合せボタンよりお問合せいただきますようお願いいたします。


【閲覧注意】



瀕死のウズラは両目、背中、足などがかなりやられています。
どうみても最近の怪我ではないです。
足と羽もやられているので、ひっくり返ると起きられないのです。
可愛そうに右眼は潰れていますが、左眼は眼球が動くので光を感じることが出来る程度にはなるかもしれません。




低体温で衰弱しているため、温めてから強制給餌です。




現在飼い主さんを待っている迷子インコ保護データベースはこちらです。
迷い鳥データベース

レスキュー隊員募集中
レスキュー

保護募金をしてくださる方募集中
募金募集

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント