FC2ブログ

ヒヨドリの放鳥

レスキュー隊長より

ケガがなおった子、ヒナだった子たちを、昨日暑さもおさまり涼しい風が吹く早朝に返しました。
ヒヨドリの巣立ち

暑いさなかに返した子は出戻ってきたりしてます。
また返って来ようとしたのを 箒で追い払いました。
少しかわいそうだけれど仕方がありません。

何十年 関わっても、どんな旅立ちであってもさみしい気持ちや心配な気持ちに慣れることはありません。

以前、ヒヨドリをエアーガンでたくさん打ち落としてる方を見ました。
もちろん 免許も所持して猟の期間を守っています。
でも気持ちはザワザワしてしまいます。
保護区に放したとしても空には壁はありません。

そんなことを 考えてしまったらレスキューは失格です。

そのときの最善だけを考えて行動するだけです。
ヒヨドリの巣立ち

放鳥後もしばらく様子をみていました。
もともと足が少し奇形だった子は工事現場の足場に小1時間ほどいました。
少し心配だった子です。
みんな保護してからもケージにはいれずに、部屋を自由に飛ばせてきたので飛ぶのは問題ないでしょう。
室内では狭くて見れなかったヒヨドリ特有の波状飛行も教えなくてもちゃんと上手に飛べてました。


みんな厳しい自然界でたくましく生きるんだよ。

現在飼い主さんを待っている迷子インコ保護データベースはこちらです。
迷い鳥データベース

レスキュー隊員募集中
レスキュー

保護募金をしてくださる方募集中
募金募集
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント