あきるの市からニワトリ保護

7月8月は、捨てられたり、放置されている鳥が多く、毎日があわただしい日々でした。
今回は以下、施設から相談をいただいたレスキュー案件です。

この前にも文鳥と鳩のレスキューをおこなっていますが先にこちらを紹介します。
家禽については河川や公園、空き地に放置されることが多く、例えば、公園や川のアヒルや合鴨でさえ、それは捨てられてそこに留意している場合がほとんどです。
とくにアヒルについては、水があれば生きていけるわけでなく、5センチの段差でも岸にあがれなかったり、食べ物がなかったりで、結局は命を落としてしまいます。

よく、連絡をいただくのが、アヒルは魚を捕れるから大丈夫ですよね?

という言葉ですが、アヒルは魚を捕れませんし、人の手がなければ生きていくことはできません。
そのように改良したのは人間なのです。

最近、鳥インフル問題がでてからは捨てられるニワトリやアヒルが多くなりました。
家禽を飼育する場合に保健所への届け出が義務化したことも要因の一つかもしれません。
またこのこたちは警察に届けても処分されてしまいます。

以下、メールはそのままを記載します。

郵便番号 :1900814
問い合わせ事項・他 : 先ほどはお電話にてご相談に乗って下さりありがとうございました。東京都あきる野市にある●●●●地域生活支援センタ●●●●という福祉の事業所の責任者をさせていただいている●●●●と申します。7月31日頃に敷地内に恐らく捨てられたと思われるチャボと思われる鳥が5羽見つかり、翌日より事業所にて保護しております。事業所が市の管轄の建物であり、長期的には鳥を預かることが難しい状況です。近隣で引き取り手も探しましたが現在のところ見つかっておりません。大変申し訳ございませんが引き取りをご検討いただければ幸いです。持ち込みにつきましては車にて可能です。尚、チャボはおそらく桂チャボのつがいと単独のメス、碁石チャボのつがいの計5羽になります。今はプラスチック製のかごに入れ、市販の鳥用の餌と水を与えています。外見上は怪我はなく、朝は特に元気な様子で鳴き声もよく聞こえます。 
 お忙しい中大変申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

そして、施設の方とも連絡を取り合い、できるだけ、のばしていただいている間に一時預かりの里親さんを探しましたが見つからず、1羽1羽の検査やダニシラミ駆除に時間と費用がかけられないため、借りている施設のオーナーに相談をし、保護施設の入り口横に急遽にわとり小屋を作ることになりました。

作業は小島駅長が朝から翌朝まで徹夜で頑張ってくれました。
DVC00295.jpg

DVC00296.jpg

DVC00297.jpg


深夜 3時頃の様子・・・
DVC00298.jpg


だいぶ完成してきた様子・・・・
小島駅長、朝をむかえそのまま会社に出勤!(大丈夫なのか、もう日常すぎて慣れてしまったのか)
DVC00303.jpg

DVC00304.jpg


そしてついに翌日13時 あきるの市から・・・・
DVC00302.jpg

ねこ、カラス対策・・・・

そんなわけで5羽のにわとりが来ましたが里親さんと飼育寄付をお願いしています。
次から次へときます、飼育可能な方はどうぞ連絡ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント