ヒメウズラの緊急手術

荒川河川敷の公園にすてられていたヒメウズラの翼に、昨年腫瘍ができました。
みるみる大きくなり、あっという間に動けない状態になりました。
手術となると高額になるため、レスキューでは簡単に行うことができません。

昨年も卵材がおなかに溜まり、腹水とヘルニアをおこしていたメスのセキセイインコ(通院中)が急変し、緊急手術となりましたが、手術費用は15万円ほどかかりました。
その2日後に残念ながら亡くなってしまいました。

できるだけのことはしてあげたいとは思っていますが、全ての鳥に一番よい選択をしてあげることは、現在のレスキュー会では資金面も時間面も難しいのが現状です。
それでも、目の前の鳥達が悲痛な声をあげるならなんとかして少しでも楽にしてあげたいと思っています。

話がそれてしまいましたが、腫瘍ができたヒメウズラは病院にて緊急手術となりました。
今回はあず小鳥の診療所の松岡先生のはからいで、レスキュー価格で対応していただきました。
現在、容体は良好で他にも心配な部位があるため、投薬中です。

腫瘍の重さだけで17gありました。
DVC00124.jpg

DVC00112.jpg

DVC00110.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント