FC2ブログ

烏骨鶏のぎんちゃん

川口市から来た、烏骨鶏のぎんちゃん。
レスキューにもだいぶ慣れ、体重もほぼ倍になったことは先日書きました。
川口市から来た烏骨鶏~その後~

アヒルとは毎日のように喧嘩をしてます。
[広告] VPS


そんなぎんちゃんを、レスキュー会「鳥の駅」の前にあるベンチに連れ出してみました。
ぎんちゃん

レスキュー内を散歩し、アヒルと喧嘩をする威勢のいいぎんちゃんはどこへやら。
うずくまって動きませんでした。


レスキュー会「鳥の駅」の駅長さんのお言葉です。

ぎんちゃんは、保護された時から、倍の体重になりました。
置き去りにされて、体重が半分に落ちたと言うことでもあるとも思います・・・
食べれないことも、もちろんあったと思いますが・・
信頼していた人間に捨てられたショックは図り知れない物があったのだと思います。
体重が半分・・・・
死ぬ一歩手前ですね。
パピー(あひる)に喧嘩を売る、傍若無人さも、回復の証として微笑ましくもあります。
雄叫びも随分、上手くなりました。
うーちゃん兄貴には、まだ叶いませんが。
辛い経験を早く忘れ、烏骨鶏道を邁進してもらいたいと思います。


外のベンチで、辛い経験を思い出してしまったのかもしれません。


鳥だって心があります。
信頼していた飼い主さんに棄てられて、傷ついたことでしょう。
人間なんて信じちゃだめだ!と思ったかもしれません。
野生でたくましく生きてやる!と思ったかもしれませんが、飼われて餌をもらえていた時とは違い、外の世界はそんなに甘くありません。
食べるものも見つからず、体重が半分になるほどの過酷な野生の生活。
辛かったことでしょう。
さみしかったことでしょう。

よく頑張ったね、ぎんちゃん。

レスキューに来て、また人間に囲まれて、銀ちゃんはどう思ったかな。
ここの人は餌をくれるけれど、また捨てられちゃうかもしれない・・・と思ったかもしれません。

ぎんちゃん、そんな心配しなくていいんだよ。
もうご飯の心配もしなくていいんだよ。

好きなだけご飯を食べて、好きなだけ鳴いて、周りの鳥さんたちと遊んでね。

レスキュー隊員募集中
レスキュー

保護募金をしてくださる方募集中
募金募集
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント