FC2ブログ

川口市からきた烏骨鶏~その後~

9月に川口市から来た小さな烏骨鶏。
川口市からきた烏骨鶏

ぎんちゃんと命名されました。
ぎんちゃん

保護された時は480gしかなかった体重もほぼ倍になり、レスキュー内をお散歩し、呼ぶと来て触らせてくれるようになりました。
ぎんちゃん

[広告] VPS


[広告] VPS


烏骨鶏は文鳥やインコ、オウムなどのように慣れるイメージはないかもしれませんが、そんなことはありません。
ちゃんと助けてくれて、お世話してくれて、愛情を注いでくれる人のことはわかるんです。

烏骨鶏やチャボ、ニワトリは公園や河川敷に棄てられていることが多いです。
多分・・・雄叫びがうるさく、都会では近所迷惑になってしまうのでしょう。

でも、よく考えてみればわかりますよね?
ひよこが大きくなったらニワトリになって、朝になるとコケコッコーと鳴く。
人間が「うるさい」と思うだけで、彼等にしてみれば、当たり前のことをしているだけ。

ニワトリ、チャボ、烏骨鶏だけじゃなく、生き物を買う、飼う前に今一度よく考えてみて欲しいです。
雛を見て、「可愛い」だけで買うのはやめてください。

レスキュー会「鳥の駅」には、様々な理由で飼い主さんから棄てられてしまった鳥がいます。
お世話をお手伝いしてくださる方はいませんか?

レスキュー隊員募集中
レスキュー

保護募金をしてくださる方募集中
募金募集
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント