fc2ブログ

命の天秤

とても悲しいお話。。。

隊長は昨年末から引き取りの相談にのっていました。
何件かのうちの3件、今年に入ってからも相談対応を続けていたのに突然の終結が来てしまいました。

ヒメウズラ40羽、レース鳩80羽、どちらも猛禽のごはん問屋へ行ってしまったと。
文鳥2羽、引き取りが決まっていたのに玄関に置いていて、凍死してしまったと。

かなり早急に対応したとしても、人の勝手でいきなりの終結が来てしまうのです。

どんなに注意したとしても電話での相談で出来ること、届く声は自分の生活が逼迫してる人には届かない。
まして、精神状態が普通でない場合や自身が末期癌と宣告された方など、全部の人ではないにしても、優先順位が
自分→人間の家族→お金→小さい家族
のパターンが多いです。

また、鳥のことを知らない方もたくさんいます。
親戚、友だち、里親コーナー、新しい家族の探し方はいろいろあります。
飼い主亡き後に里親を探すのが、鳥のことを知らない家族や親戚、友達の場合もあります。
夫婦であっても ご主人が面倒をみれない相談も多く、費用のかからない里親コーナーで募集する人も多いです。
だいたいの里親募集コーナーは、一般の方の金銭のやりとりは禁止となっています。
お金はないけど何か飼ってみたいと安易にペットをお迎えしようと考える方にとっては里親募集のサイトは、飼育用品やごはんまで一式セットで無料でもらえて、今すぐ飼育が可能で便利なのです。

里親募集をしている方のコメント、健康状態の欄に
「検査はしてないけど健康で元気です」
と書かれているのをよく目にします。
???
「病院に行く余裕はなかったけど健康そうには見えます」でしょう。
飼育経験者を募集したつもりでもセキセイなら沢山飼育してきましたーと誰でも言えます。
当会に 持ち込まれる鳥の場合
「誰かからもらいました」
「預かりました」
と言われる方が持ってくる鳥は、ケージも汚く、毛引をしていたり、あまり良い状況とは言えない場合が多いです。
一番の問題は、全部の方ではないにしても考え方が軽い人が多いように思います。
ただでもらったものだから?
いらなくなったら誰かにあげればいい。くらいの愛情しか持っていない生き物だから?
自分から里親コーナーに応募して引き受けたのに以下の理由が多いのです。

⚫︎飼ってみたけどなつかなかった
⚫︎意外とお金がかかった
⚫︎汚れる
⚫︎匂いがする
⚫︎家族にアレルギーがでた

文章だけでも 具合が悪くなる人が出そうなため、もっと最悪なケースを書くことはできません。

自分亡き後のことを 家族がいる方はきちんと話し合いをして欲しいと願います。
いくら生前に仲のよいご夫婦でも奥さんが亡くなり、奥さんが大事にしていた鳥も亡くしてしまうケースも多いです。
いくら形見とはいえ、物ではありません。
生きているんです。
今まで世話をしたことがない人がほんの些細な鳥の体調の変化がわかるとは思えません。
そんなに簡単なことではないことを、本当にきちんと考えてください。

冒頭にあげた文鳥は、隊長が引き取りにいく2日前に亡くなった連絡がきました。
奥さんが亡くなり、ご主人が体調を崩し、病院から鳥との同室はダメと言われたことで、居間から玄関に直結している台所に文鳥のケージを移動したとのこと。
ひよこ電球はつけてあり2日間は生きていたそうですが、8歳の文鳥たちが、10度以下の場所では可哀想すぎます。
このことについては、妻のもとへいけてよかった、と言われたそうです。

人の考え方はそれぞれです。
ペットと呼ばれる愛玩動物の施設や保護に関わる人たちの大変さは、鳥や動物たちの世話よりも、人間に対する対応ほのほうが大変なのです。
聞きたくないこと、見たくないことを見ずにはレスキューはできないのです。
こちら側も同じ人間です。
簡単にスルー出来ないことや変な夢を見てしまうこともあります。
持っていきようのない気持ちを誰にぶつければよいのか・・・。

それでも 毎日同じようなやり取りが始まるのです。
鳥達のために奔走する隊長。
これが隊長の1日なのです。

現在飼い主さんを待っている迷子インコ保護データベースはこちらです。
迷い鳥データベース

レスキュー隊員募集中
レスキュー

保護募金をしてくださる方募集中
募金募集

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント