fc2ブログ

飼い主さん高齢化の問題

レスキューには様々な理由で愛鳥を手放さなければならない状況に陥り、相談してくる方がいます。

その中の1つに飼い主さんの高齢化があります。
入院や施設に入る、亡くなった・・・などの理由で飼い鳥をどうしたらよいか、引き取ってもらえないかという相談があります。

最近では鳩レースをされてた高齢の方が入院された件と、亡くなってレース鳩をどうしたらよいかの相談がきています。
その数、270羽と40羽。

レース鳩は日本鳩レース協会と日本伝書鳩協会という2つの協会のどちらかに所属してレースに参加しています。

鳩については外鳩も含めて毎日相談がきますが、せめてレース鳩については2つの団体さんがもう少し、相談にのってあげてほしいところです。
負傷したレース鳩が時々レスキューにきます。
足輪から協会や飼い主さんがわかりますので連絡をすると、コースアウトする鳩などいらないと言われる飼い主さんもいるのが現実です。
協会も飼い主ではありませんので、どうしてこうして、とは口を出すことは出来ません。
レースに参加さえしてもらえばいい、という考えではなく、負傷してレースに参加できなくなった鳩のことも考えてあげて欲しいものです。

現在飼い主さんを待っている迷子インコ保護データベースはこちらです。
迷い鳥データベース

里親募集の鳥たちはこちら
里親募集
こちらに掲載されている鳥たちは、ごく一部になります。

レスキュー隊員募集中
レスキュー

保護募金をしてくださる方募集中
募金募集
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント