今日の鳥の駅 文鳥おやつタイム1と2

経費の関係で毎日はあげれないため、大盛況になります。
物資ボランティアさんはいつでも歓迎です!!ただし、外の放鳥スペース以外に
ケージにいる文鳥たちもたくさんいますので 全員にあげることが条件になります。
この動画ではでている文鳥だけがもらっているようにみえますが、ケージのこたち
には先にあげていますので安心ください。

[広告] VPS


動画の続きです

[広告] VPS
スポンサーサイト

チャボと女の子

チャボ1


8月に東京あきる野市の施設から、鳥の駅にやってきたチャボ達(5羽)ですがその後も元気に過ごしてくれてます。

凄くご飯を食べます。

小松菜も大好きです。

チャボ達は鳥の駅の大家さんのご厚意で外にチャボ小屋を作らせてもらいました。

行き交う、ご近所のみなさんは、珍しそうにチャボ小屋を覗いていきます。

大人の方々は、子供の頃通っていた小学校でニワトリを飼っていた方も多く、「懐かしいね~」と言っています。

子どもたちは、皆、「わー!!鳥がいると」目を輝かせてチャボ小屋を覗いて行きます。

いつもチャボに挨拶をしてくれる可愛い女の子がいます。(5~6歳位

朝なら「おはよう

日中なら「こんにちわ

昨日は、日が暮れてからお母さんと一緒にチャボ小屋にやってきました。

「チャボさんおやすみなさい」と挨拶してくれました。

女の子はお母さんと一緒だったので、私が「いつもチャボが鳴いて迷惑掛けてごめんなさいね

と、お母さんに言ったところ、女の子のお母さんは「朝、コケコッコーの声を聞くと、気持ちが良くて幸せな気持ちになります」

と仰ってくれました。

捨てられて、鳥の駅にたどり着いたチャボ達ですが、チャボ達もその言葉を聞いて幸せな気持になった事でしょう。

こういうお母さんの娘なら、生き物を大切にし、人に気配りのできる、立派な人になるなと確信しました。

こっちまで心地良くなる週末の夜でした。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今週も暑かったり、寒かったりですが、皆さん身体には気を付けてくださいね(^-^)/







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。