FC2ブログ

ヒメウズラの緊急手術

荒川河川敷の公園にすてられていたヒメウズラの翼に、昨年腫瘍ができました。
みるみる大きくなり、あっという間に動けない状態になりました。
手術となると高額になるため、レスキューでは簡単に行うことができません。

昨年も卵材がおなかに溜まり、腹水とヘルニアをおこしていたメスのセキセイインコ(通院中)が急変し、緊急手術となりましたが、手術費用は15万円ほどかかりました。
その2日後に残念ながら亡くなってしまいました。

できるだけのことはしてあげたいとは思っていますが、全ての鳥に一番よい選択をしてあげることは、現在のレスキュー会では資金面も時間面も難しいのが現状です。
それでも、目の前の鳥達が悲痛な声をあげるならなんとかして少しでも楽にしてあげたいと思っています。

話がそれてしまいましたが、腫瘍ができたヒメウズラは病院にて緊急手術となりました。
今回はあず小鳥の診療所の松岡先生のはからいで、レスキュー価格で対応していただきました。
現在、容体は良好で他にも心配な部位があるため、投薬中です。

腫瘍の重さだけで17gありました。
DVC00124.jpg

DVC00112.jpg

DVC00110.jpg
スポンサーサイト



浮間舟渡公園の烏骨鶏レスキュー

2017年5月15日 レスキューに以下のメールが届きました。

>問い合わせ事項・他 :板橋区の浮間公園に雄のウコッケイが捨てられていて10日ほど経っています。
>立ち入り禁止区域にいます。
>人に懐いていて柵越しに近づいてきます。
>猫やカラスに襲われないかが心配です。
>私の家では飼うことができません。
>助けてあげられる方法はないでしょうか。。。
>何かお力貸していただければ光栄です。

1時間後にメール返信、電話、連絡、鳥の駅受け入れ準備。

外に長くいた鳥を引き取る場合、別の部屋に隔離することが必要ですが、にわとりの場合は鳥インフルの感染やダニシラミなどの問題など、すぐに引き取りができないケースも多いです。
今回はケージを用意するとともに、ダニシラミ駆除用の薬の用意などをして当日保護しました。
相談いただいた心優しい方により、毎日ご飯とお水をもらっていてまるまる太ってとても元気でした。
シラミはたくさんいましたので、引き取り時の薬の塗布、その後鳥の病院での薬の塗布、そのう検査便検査、などを行いました。
いまは元気に雄叫びをあげています。

通報をしていただいたご夫婦にはうーちゃんの検査代や虫駆除の薬代などを寄付としていただきました。
名前をつけていただこいうと思いましたら、すでに「うーちゃん」と呼ばれていましたので、引き続き「うーちゃん」としました。

DVC00147.jpg

DVC00146.jpg

DVC00134.jpg